アレルギー性鼻炎の治し方のトリセツ〜鼻水・くしゃみにさよなら〜

 

アレルギー性鼻炎の治し方のトリセツは、辛い鼻水、ずるずる、くしゃみなどの症状緩和に役立つ情報を更新していますー

 

ここでは基本的なアレルギー性鼻炎を治す方法から紹介しますー

 

より詳しい?マニアック?な方法を求める方はサイト内から探してください。

 

アレルギー性鼻炎を治す方法

 

アレルギー性鼻炎の治療法ならこの2つ!

 

アレルギー性鼻炎のレーザー治療にかかる費用や副作用などは?

 

アレルギー性鼻炎は、そう簡単に治る病気ではありません。中には症状が常に酷い人もいますが、このような場合に行われているのがレーザー治療になります。

 

レーザー治療の注意点

 

アレルギー性鼻炎の治療に用いられているレーザーですが、いくつか注意点もあります。それは全ての人が完治するわけではないという点と、レーザー治療後は控えるべきことがいくつかあるという点です。

 

レーザー治療後は、3日程度お酒やタバコは禁止です。また、熱い風呂もよくないので、シャワーが望ましいでしょう。水泳も3日前後は控えなければいけません。

 

費用はどれぐらいかかるのか

 

レーザー治療と聞くと、高額な治療費が必要になるのではと考える人も多いでしょう。では、アレルギー性鼻炎の治療にレーザーを使用した場合には、どれぐらいの費用が必要になるのでしょうか。

 

耳鼻咽喉科によって差が出てしまうのですが、レーザーのみで1万円前後はかかります。それプラス薬代や検査の費用も必要になるので、1万5千円ぐらいは必要になるのが一般的です。

 

副作用はあるのか

 

レーザー治療を行った後には、副作用として一時的に鼻づまりが酷くなることが多いでしょう。人によっては鼻血が出る場合もあります。副鼻腔炎を起こしてしまうこともあるので、異常を感じたらすぐに治療を行った病院へ行きましょう。

 

両方の鼻をいっぺんに治療すると、寝苦しくなるぐらい鼻が詰まることも多いので、よく検討してから受けなければいけません。必ずしも症状が改善されるわけではないので、このような点も承知しておきましょう。

 

アレルギー性鼻炎治療の注射の費用や効果の持続期間は?

 

アレルギー性鼻炎の治療は薬が一般的ですが、症状が酷い場合には注射を使用することもあります。そこで注射の費用やどれぐらい効果があるのかを知っておきましょう。

 

注射の効果

 

アレルギー性鼻炎に使用される注射で一般的なのは、皮下免疫療法と呼ばれている方法です。特に花粉やダニ、ハウスダストが原因で鼻水や鼻づまりが起こる人に効果的だと言われています。

 

人によって効果がどれぐらい出るのかは変わってくるものの、大体80パーセントぐらいの人が、効果が出ているというのが現状です。中には長期間症状が出なくなるという人もいます。

 

どれぐらいの料金が必要なのか

 

効果は80パーセント前後みられるものの、費用はどれぐらい必要なのか気になる人も多いでしょう。医療機関によって料金は変わってくるのですが、健康保険が適用される治療法になります。

 

そのため、大体5千円から8千円ぐらいで行うことができるでしょう。これプラスバッチテストの料金が千円前後必要になります。事前にアレルゲンを特定する検査も行われるので、その分の料金も必要です。

 

持続期間

 

アレルギー性鼻炎の治療に用いられている注射は、薬剤の量によっても変わってくるのですが、大体2ヵ月から3ヵ月と言われています。ただし、しっかりと治療をするのであれば、1回だけでは不十分です。

 

まずは半年間治療を続け、特に副作用などが見られない場合には、3年ほど行われるのが一般的です。これで症状が大きく改善される人もたくさんいます。

 

アレルギー性鼻炎の症状が和らぐ方法3つ!

 

アレルギー性鼻炎に対する鼻うがいの効果とやり方、注意点

 

アレルギー性鼻炎の人は、鼻うがいをするとよいと言われています。しかし、間違った方法で行うと、いろいろなリスクを伴うので注意しましょう。

 

鼻うがいの効果

 

鼻うがいは、名前の通りに鼻から液体を入れて、口から出すという方法です。定期的に行うことで、鼻に溜まったウイルスや花粉を洗い流す効果があるので、花粉症やアレルギー性鼻炎の人に効果的と言われています。

 

さらに風邪の予防にも効果を発揮すると言われているのですが、いくつか注意点も存在しています。できれば耳鼻科の医師から指導を受けておくべきでしょう。

 

鼻うがいの方法

 

鼻うがいをする場合には、専用の器具が売られているので、購入しておくと便利です。まずは40度前後のお湯を容器に入れます。それから生理食塩水を入れます。

 

鼻うがいの器具を購入すると、付属で付いてくる場合もあるでしょう。自分で作る場合には、1リットルに対して9グラムの食塩を入れます。それから片方ずつ鼻に入れ、アーと声を出しながらゆっくりと行いましょう。

 

鼻うがいの注意点

 

鼻うがいには注意点がいくつかあります。鼻うがいの容器を清潔に保つこと、鼻うがいが終わったら、しっかりと鼻をかんで水を出すこと、鼻が詰まっているときには行わない、水圧を強くし過ぎないなどがあります。

 

また、強く鼻をかみ過ぎないことや、1日1回までにするなどの注意点もあります。注意点を守らないと、中耳炎や蓄膿症の原因になるばかりか、逆に鼻詰まりを酷くしてしまう可能性もあるでしょう。

 

アレルギー性鼻炎にワセリンが効く?鼻への塗り方は?

 

アレルギー性鼻炎の対策として、ワセリンが効果的という情報があります。実際には効果的なのでしょうか。また、どのようにして使用するのでしょうか。

 

海外では推奨されている

 

よく花粉症の改善にワセリンを用いるとよいと言われていますが、日本では特に推奨されているわけではありません。しかし、海外では推奨されている国があるのです。

 

海外の国民健康サービスのホームページで、鼻の穴の入り口に近い部分に、僅かな量のワセリンを塗ることによって、花粉の侵入をシャットアウトできるという文面が記載されています。このような記載があるということは、効果があるのでしょう。

 

ワセリンは薬ではない

 

ワセリンというのは、原油を精製する際に出る成分を原料として製造されているゼリーのことを指します。よく保湿剤などに使用されていることが多いでしょう。

 

薬ではないので、短期間で改善できる可能性は低いと言えます。また、原油を精製する際に出る成分なので、多用もよくありません。あくまで少量を用いることによって、効果が期待できるということでしょう。

 

どのように使用するのか

 

アレルギー性鼻炎を緩和するためにワセリンを用いる場合には、まず鼻の入り口付近に少量塗るのが基本です。鼻の奥に塗ってはいけませんし、量も僅かでよいでしょう。

 

また、外出前に塗るのが効果的です。花粉が鼻の中に入り込んだ後では意味がありませんので、入り込む前に塗らないといけません。また、少量であっても頻繁に塗るのは避けるべきでしょう。

 

アレルギー性鼻炎に効くスプレータイプの点鼻薬のおすすめと使い方は?

 

アレルギー性鼻炎が酷くなると、鼻が詰まって息苦しくなり、睡眠不足になることもあります。このような場合には、一時的に点鼻薬を使う必要も出てくるでしょう。

 

スプレータイプの点鼻薬が一般的

 

点鼻薬の多くは霧状に噴出するスプレータイプになっています。なぜなら鼻全体に均等に薬が効くようにするためです。しかも即効性があるので、寝る前に使用するのがよいでしょう。

 

一般的には詰まった鼻を通すためや、鼻水の量がたくさん出てしまう場合に使用されていますが、いろいろな種類があるので、どれを選ぶのかも重要になります。

 

おすすめできる点鼻薬

 

点鼻薬にもいろいろな種類があります。そこでおすすめできる点鼻薬をいくつか紹介します。どれも薬局で普通に購入できるので、万が一のときにも役立つでしょう。

 

パブロン鼻炎アタックやコンタック鼻炎スプレーは比較的有名です。エージーアレルカットEXという薬もアレルギー性鼻炎には効果を発揮してくれるでしょう。ただし、使い方はきちんと把握しておかないといけません。

 

点鼻薬の使い方と注意点

 

点鼻薬は即効性がある反面、副作用も出やすくなっています。主な副作用としては、点鼻薬を使いすぎることで、逆に鼻詰まりを引き起こしてしまうことです。これでは意味がありません。

 

そこで使用回数は必ず守ることが大切です。1回の使用量もきちんと守りましょう。使い終わったら薬が出る先端部分をティッシュできれいに拭き取り、清潔な状態を保たなければいけません。

 

アレルギー性鼻炎に効くサプリの口コミランキング!

 

アレルギー性鼻炎に効果のあるお茶は?子どもOKのおすすめは?

 

アレルギー性鼻炎に市販薬のビオフェルミンが効く?

更新履歴