アレルギー性鼻炎に悩む人は睡眠不足に注意!

アレルギー性鼻炎を抱えている人は、ぜひしっかり寝るようにしてほしいです。しっかり寝るだけでも、アレルギーの症状はおさまることもあります。睡眠不足という人が現代人の中には多いですが、比例するようにアレルギー患者も増えています。

 

睡眠時間は、夜寝る時間だけではなく、昼寝も合わせて考えてよいそうです。また、一日寝不足があったとしても、翌日に少し多く寝るようにして調節することも可能です。

 

熟睡している間には成長ホルモンと、副腎皮質ホルモンという大事な役割をするホルモンの分泌が盛んになります。これらは体の代謝に関わっていて、成長や疲労回復に大きな影響を与えるホルモンです。

 

特に副腎皮質ホルモンは、ステロイドのような働きをする、アレルギー体質の人にとって重要な役割を持っているホルモンです。これはアレルギー反応を抑える役割をしますので、このホルモンがしっかり分泌されるようにする必要があります。

 

良い睡眠のためには、準備が必要で、また規則正しい生活をすることが大事になります。寝る前に食事をしたり、パソコンやスマホなど強い光を受けるようなものは避けるようにしましょう。また、毎日寝る時間や起きる時間、食事の時間などが安定するように生活リズムを整えるようにしてください。

 

それだけでも不思議なくらいアレルギーの発作は変わってきます。難しいかもしれませんが、できるところから手をつけていきましょう。